トレンド

【画像】ミャクミャクは怖い?親の服を掴み見る子供もいたw

7月18日に2025年に開催予定の大阪・関西万博の公式キャラクターの愛称が「ミャクミャク」に決定されました。

ネットではたくさんのコメントの中にミャクミャクが怖いというコメントが上がっていました。

今回は大阪・関西万博の公式キャラクターのミャクミャクが怖いとのコメントをリサーチしてみました!

この記事でわかること
  • ミャクミャクのキャラクター設定
  • ミャクミャクの愛称の作者のコメント
  • ミャクミャクが怖いとの声

 

ミャクミャクは多様性の象徴!!

ミャクミャクをデザインされた山下浩平さんのコメントが発見できました。

公式キャラクターは神戸出身のデザイナー・山下浩平さんがデザインした作品です。デザインは「水の都・大阪」での万博を意識し一人一人の頭の中で、色々な姿に変化していくことがコンセプトで、多様性を象徴するキャラクターにという願いが込められているということです。

水の都・大阪という開催地を意識してコンセプトは色々な姿に変化していくこととのことです。

多様性を象徴にされたようですね。

また、大阪・関西万博のホームページを見るとミャクミャクのプロフィールもありました!

プロフィールについて

出生地関西のどこかにある小さな湧水地。

性格人懐っこいが、おっちょこちょいでよくポカをする。

特技色々な形に姿を変えられること、雨上がりに虹を見つけること。

好きなことあらゆる生き物や物事と触れ合うこと。

細かな性格設定もされているんですね。

 

ミャクミャクの愛称を考えたのは2名!!

キャラクターの愛称は2022年4月26日から5月16日までの期間で公募されていました。

応募された作品数は33,197作品‼︎

その中からミャクミャクという愛称が選ばれることになりましたが、なんと愛称の生みの親は2名いらっしゃる様です!

その産みの親の川勝未悠さんと作田陽向さんがそれぞれにコメントを出されています。

ミャクミャクの名付け親:川勝 未悠さんのコメント

今まで「脈々」と受け継がれてきた私たち人間のDNA、知恵と技術、歴史や文化。変幻自在なキャラクターは更にあらゆる可能性をその身に宿して、私たち人間の素晴らしさをこれからも「脈々」と未来に受け継いでいってくれるはず。
そんな希望を込めて「脈々=ミャクミャク」と名付けました。
またミャク=脈であり、生命そのもの。
ミャクミャクという2音が続く様は、命が続いている音にも聞こえます。

川勝さんは受け継ぐという想いが込められているんですね。

ミャクミャクの名付け親:作田 陽向さんのコメント

初めてキャラクターを見たとき、赤色と青色が動脈と静脈を連想させたため。また、万博のテーマである、人類文明のつながりや、国際的なつながりを、「脈」という言葉で表せられると思ったため。

作田さんは繋がりの想いを込められた様ですね。

ミャクミャクが怖いのコメント!

ミャクミャクのどんなところに怖いと思ったのかリサーチしました。

単体だと怖いのですねw

死角からヌッと出てきたらミャクミャクじゃなくても怖いですよねw

泣いちゃう子供もいるかも知れませんねw

怖い物見たさということですかねw

土着神をイメージが湧いてくる人もいる様ですねw

慣れると愛着が湧くんですねw

ちょびっとだけですねw

あとがき

大阪・関西万博のキャラクターのミャクミャク様

怖いの他にも可愛いなどの意見が見つけられたので見方によって感じ方も変わるということですね。

2025年の万博開催が楽しみですね。